デジタルにおける人材不足”の解消とDX促進のためのオンライン化について - 2nddoor(セカンドドア) デジタルにおける人材不足”の解消とDX促進のためのオンライン化について - 2nddoor(セカンドドア)

2ndDoor セカンドドア
オンライン接客ツール

デジタルにおける人材不足”の解消とDX促進のためのオンライン化について

少子高齢化による人材不足で多くの企業が頭を抱えています。

それに加えて新型コロナウイルスの影響もあり、
これまでのビジネスモデルのあり方が大きく変化しました。

日本企業の5割が人材不足を痛感しており、
AIやITといったデジタル技術を積極的に取り入れている企業も多くなってきています。

しかし未だに解消されない人材不足と、今後さらに普及してくるデジタル化において
日本企業はどのように対策し、人材不足を解消していくのでしょうか。

今回は、人材不足の解消におけるデジタル化とDX促進のための
オンライン化について詳しくご紹介していきます。

 

日本企業の5割が人材不足を痛感、深刻化するデジタル人材の枯渇

 

冒頭でもお伝えしましたが、日本企業の5割が人材不足を痛感しています。

また多くの企業が、DXの主導者や新たなビジネスモデルの企画や
立案をするデジタル人材が不足しているのが分かりました。

インターネットが普及し、オンライン上のマーケティングの市場価値が上がり続けている状況において、
多くの企業が新しいビジネスモデルを成功させようと奮闘しています。

その新しいビジネスモデルを成功させるには、DXの促進とデジタル人材の獲得が必要不可欠です。

多くの企業が、自己啓発の促進や、教育研修などに力を注いでいます。

 

しかし日本企業の特徴として、デジタル人材の大半が
IT企業に集中している状況も、人材不足に陥っている理由の一つです。

業界によってデジタル人材の偏りがあり、
そういった理由が企業の人材不足にも繋がっていると考えられています。

さらにデジタル人材が不足している企業では、1人当たりの業務分担が多くなり
思うようにデジタル化が進まず頭を抱えているところもあるようです。

 

コロナ禍を経て見えた雇用の課題

 

新型コロナウイルスの影響で多くの企業が、テレワークでの仕事が中心となりました。

遠隔での仕事でも滞りなく業務を進めるため、多くの企業がITツールを活用しています。

その結果、長期的なテレワークでも仕事が可能になり、
大企業ではアフターコロナ後もテレワークを実施する企業もあります。

 

さらに家に仕事を持ち帰る際に起こる、業務上の問題も
オンライン化や業務自体を外注し、業務改善や人件費の削減に繋げたようです。

このように新型コロナウイルスの影響で、働き方に大きな変化が生まれました。

 

また新型コロナウイルスの影響で、ユーザーの行動範囲も制限されるため
よりSNSで欲しい情報を手に入れて、インターネットで何か買いものするといった需要が高まりました。

またオンラインでの需要が高まると、
デジタル人材の育成に力を入れている企業は優位になるため、市場を独占できます。

こういった背景もあり、
新しいビジネスモデルを作り上げるデジタル人材の需要はより一層高まります。

 

▶参考記事:DX促進の課題と成功に導くポイントについて

 

デジタル人材の育成社内DX化に向けての必要な役割

 

企業のデジタル人材の育成や雇用をするにあたって、まずは社内の環境を整える必要があります。

素晴らしい人材を雇用したところで、上司の知識不足や
仕事ができる環境が整っていなければ、当然辞めてしまう結果となりデジタル人材は育ちません。

そのためにはまず、デジタル人材が活躍できるような企業文化を整える準備が大切です。

 

デジタル人材といっても、企業がどういった人材が欲しいのか
といった明確な目的がなければ、正しい人材の獲得ができません。

下記では、デジタル人材がどのような役割ごとで分類されているのか詳しくご紹介します。

 

  • ・ビジネス系プロデューサー
  • ・テクノロジ系プロデューサー
  • ・テクノロジスト
  • ・チェンジリーダー

 

それではご紹介します。

 

ビジネス系プロデューサー


 

ビジネス系プロデューサーとは、DX促進における企業のビジネスゴールを決めて、
それに対して新たなビジネスモデルの企画を考えたり、立案したりする人材です。

知識や経験が必要となるため、経営層や社内外の意思決定者との
ビジネス面でのコミュニケーションでも責任を持って、対応をする人材になります。

企業の新しいビジネスモデルを生み出す人材になりますので、
実務経験や幅広い知識が必要となる人材です。

 

このようにビジネス系プロデューサーこそ企業が最も欲しい人材になるかと思います。

まだまだ知識不足で、どういった人材を雇用したらいいのか分からない
といった企業にはとても強い味方になり、企業としてのDX促進を丸投げできる人材と言ってもいいでしょう。

しかしこのような優秀な人材を雇うのであれば、それ相応の人件費を用意する必要があります。

 

テクノロジ系プロデューサー


 

テクノロジ系プロデューサーとは、企業が掲げたビジネスモデルを達成させるために
最適なデジタル技術の特定や、それを加えてシステム面での影響の分析などを担う人材です。

またその分析結果を基に、経営層と社内外でのエコシステムのパートナーに対して
技術面のコミュニケーションも対応してもらう人材になります。

 

ビジネス系プロデューサーが立案したビジネスモデルで最適なツールなどを選び、
取り組むにあたって問題が起こらないよう対応していく人材です。

テクノロジ系プロデューサーは、すでに企業として
明確な目的やビジネスモデルがある場合に、雇用したい人材になります。

 

テクノロジスト


 

テクノロジストとは別名、エンジニアと言います。

エンジニアと聞くと馴染みがあり、大まかな業務についても想像できると思います。

実際にエンジニアとは、現場でデジタル技術を活用する人材です。

 

何かを作り出すイメージがあるテクノロジストですが、
実際は社内の通信ネットワークやIT基盤の構築、
セキュリティ対策やクラウドなど基盤となる領域の役割を担う人材になります。

テクノロジストは社内のシステムを理解している必要があるため、
外から雇用するより社内で育成に力を入れる方が望ましいです。

しかし稼働している現場での保守的な業務を担う人材になりますので、
テクノロジスト1人に対しての仕事量を明確にする必要性があるかと思います。

 

チェンジリーダー


 

チェンジリーダーとは、デジタル技術の導入により社内で混乱が起きないよう
業務や意識などの働き方のシフト指導を行います。

ビジネスモデルを確立するにあたって、ビジネスモデルのゴールの目的や
ゴールの整理、変革コミュニケーションの計画を立てます。

また、企業全体を巻き込んだ意識改革と
行動変容に向けた計画の作成の担当も併せて行う場合が多いです。

色んな部署や関係者からの意見を取りまとめ、
デジタル技術の導入をスムーズに行えるようなコミュニケーション能力が必要です。

その為、他のデジタル人材よりもリーダーシップを取れる人材や、
視野が広く臨機応変な対応ができる、柔軟性が高い人材を選びましょう。

 

DX促進はセカンドドアのオンライン相談窓口へ

 

日本企業の人材不足の解消には、デジタル化がより必要となってきます。

デジタルツールは、人件費削減や業務改善など、さまざまな利点があり多くの企業が活用しています。

DX促進を行うにあたって企業としての環境づくりや、
意識改革など社内全体で課題をクリアしていくのが成功するポイントです。

 

デジタル人材の確保では、ビジネスモデルに対して
どういった役割の人材を雇用するかによって企業全体のデジタル化が大きく変わります。

またDX促進をするにあたって、今まで使用していたシステムを一掃し、
一貫性のあるシステムの構築も大変重要な課題です。

 

セカンドドアでは、オンライン相談窓口として問い合わせ窓口を設けており、
一つのサービス導入ですべてのものが賄える一貫性のあるシステムを提案しています。

また、インストールが不要なブラウザ起動型のオンライン接客ツールでもあり、

WEBサイトに簡単につながる問い合わせ窓口の開設や、
電話のように使いやすい便利なツールをご提供しております。

DX促進のためにツールやシステムについて悩んでいる方は、お気軽にご相談ください。

 

▶参考記事:オンライン相談「着信リレー機能」って何?

▶参考記事:オンライン接客ツールセカンドドア機能一覧

 

 

関連記事

コラム

Web面談で準備すべきポイントとマナーについて解説

コラム

テレワーク導入課題と解決策について徹底解説!

コラム

在宅ワークで2nddoorは有効なのか?徹底解剖