【Web面談やり方がわからない】を解決できる対策について解説 - 2nddoor(セカンドドア) 【Web面談やり方がわからない】を解決できる対策について解説 - 2nddoor(セカンドドア)

2ndDoor セカンドドア
オンライン接客ツール

【Web面談やり方がわからない】を解決できる対策について解説

コラム

近年の社会事情により、就職や転職活動の際にWeb面接を取り入れる企業が増え、
取り入れていない企業の方が少ない状況です。

しかし、まだWeb面接に慣れていない方も少なからずいると思います。

この記事では、Web面接を導入している企業の選考で内定を取れる対策方法を解説します。

 

通常の面接とWeb面接の違い

 

Web面接をするにあたり、Web面接について理解する必要があります。

ここでは、Web面接と通常の面接との違いについて紹介していきます。

 

Web面接とは


 

Web面接とは、パソコンやスマートフォンに搭載されているソフトやアプリを用いて、
ビデオ通話などで面接するやり方です。

使用する機能は、オンライン会議ツールのZoomやGoogleMeetなどです。

企業によって、使用するオンライン会議ツールが異なるため、応募する際に確認しましょう。

 

直接面接会場に行く必要がないため、求職者は交通費の節約、移動時間を抑えられます。

また、場所の都合で受けられなかった企業にも挑戦できるようになるなどのメリットがあります。

Web面接はパソコンで受けなければいけないルールは基本的にはないため、
使い慣れているスマートフォンやタブレットから気軽に挑戦できるでしょう。

スマートフォンを使用する場合、手で抑えると画面が揺れてしまうため、
画面を固定できるスマートフォンフォルダー等を使う必要があります。

面接中の手ブレは、印象を悪くしてしまう恐れがあるからです。

 

通常の面接との違い


 

では、通常の面接とWeb面接の違いはなんでしょうか。

実は、マナーや面接の質問内容に差異はありません。

Web面接では通常の面接と違い、受験している環境を整える必要があります。

 

インターネットの通信環境や室内の明るさ、音声、背景に余計なものが写っていないかを確認しましょう。

Web面接用のカメラやマイク、マイク付きイヤホンなど必要に応じて、用意できるとなお良いです。

また、何か必要なものがあるかなど事前に企業に確認して、万全の対策で面接に挑みましょう。

 

▶参考記事:Web面接で準備すべきポイントとマナーについて解説

 

Web面接のやり方と事前に準備するもの

 

次に面接を受ける上で必要なものを紹介していきます。

事前に準備を済ませておけば、面接をスムーズに進められます。

この章を参考に、準備を始めましょう。

 

web面接に必要なもの


 

必ず必要になるものは通常の面接同様、筆記用具と履歴書やエントリーシートです。

その他にイヤホンやヘッドフォンを使用すれば、周囲の生活音や雑音を抑え、より集中できます。

 

また、質問内容がわかるのであれば、練習しておきましょう。

メモは、面接中見てはいけません。

視線で面接官が気づいていることが多いです。

 

服装


 

服装は対面面接と同様のマナーが求められます。

企業によっては、服装をしてくる場合があるので、指示に合わせてください。

指示がない場合は、男性であればスーツを着用しましょう。

 

シャツのボタンが外れていないか、ジャケットにシワはないかを確認しておくと安心です。

女性は、派手なメイクを控え、通常の面接同様ナチュラルメイクで挑みましょう。

また、顔の表情が見えやすいように、男性も女性も髪で顔が隠れないように気をつける必要があります。

 

環境


 

Web面接では環境が重要です。

対面の面接とは違い、自分で面接する環境を整える必要があるので、
今の自分の環境は面接するのに適しているのかを見直しましょう。

 

場所

Web面接は静かで明るい場所が好ましいです。

騒がしい場所では、質問内容がうまく聞き取れないなどの問題が起きてしまいます。

また、暗い場所は面接官に暗い印象を与えてしまいます。

そのため、Web面接は自宅で行うのが好ましいでしょう。

やむを得ず、自宅以外の場所で受ける場合はカフェなどは避け、
コワーキングスペースやホテルの一室などの静かな場所を選びましょう。

 

デバイスの確認

面接の途中で電波障害が起きないように、事前に電波の強度を確認しましょう。

また、使用するデバイスのバッテリーも確認しておくといいです。

バッテリー切れで面接終了は、印象が悪くなるので必ず確認してください。

 

必要なツールの確認、チェック

Web面接で使用するツールは登録が必要なものがあります。

直前に登録していては間に合わないので、事前に登録を必ず済ませてください。

また、事前に見え方や音声についても確認しておくと、面接中のトラブルを防ぐことができます。

 

ユーザー名やアイコン画像が面接に適さないものの場合は、必ず直しておきましょう。

ユーザー名は本名で設定すれば問題ないです。

当日は遅刻は厳禁なため、余裕を持って面接開始の10分前には起動しておき、ログインしておくべきです。

通常面接と違い、交通機関の遅延や道に迷ったなどの遅刻する理由が基本的にはないからです。

 

Web面接のやり方

 

Web面接も通常の面接同様に適切なやり方があります。

やり方一つで合否を左右します。

適切なやり方をマスターして、内定を獲得できるようにしましょう。

 

声の大きさ


 

いつも喋る声より大きめを心がけましょう。

大きな声で話した方が、通常面接同様に面接官へ伝わりやすいからです。

また、ハキハキ明るく話すと良い印象を与えられます。

面接官の話をうなずきながら聞いたり、相槌を打ったりすると好印象です。

 

姿勢


 

背筋を伸ばしましょう。

うつむきながら話すと面接官に暗い印象を与えてしまいます。

面接用の部屋を退出するまで、面接官に表情が見えているため、
退出するまでは気を抜かないようにしましょう。

Web面接は、リアクションがわかりづらいので、大きめにリアクションを取るといいです。

 

目線


 

目線はカメラのレンズを見ることを意識しましょう。

画面に映っている面接官を見ていると、
視線が落ちてしまいうつむいているように見えてしまいます。

その結果、暗い印象を面接官に与えてしまいます。

Zoomは1人でも部屋を作ることができ、レンズを見ながら話す練習が可能です。

不安な方は実践してみてください。

 

2ndDoorについて

 

近年は面接の在り方も変わり、Web面接を利用する企業も増えました。

そのため、正しい準備、適切なやり方で面接できているかが合否に直結します。

準備不足で不合格にならないように、この記事を参考に準備を進めていきましょう。

 

2ndDoorは、従来のやり方では成し遂げることができなかった、
スキマ時間でのオンライン面談に対応できます。

HPにボタンを設置するだけで、すぐに採用担当者と求職者をリモートで接続できるため、
アプリのインストールやURLの共有は不要です。

従来のやり方で求職者と時間の折り合いがつかず、結果的に面接率が低下し、
採用まで結びつかないとお悩みの方は導入を検討してみてはいかがでしょうか。

 

オンライン接客ツール2ndDoorのページを詳しく見る

 

▶参考記事:2ndDoorでリモート相談窓口開設までのフロー徹底紹介

 

関連記事

コラム

オンライン接客とは?メリット・デメリットと業界事例から見る成功のポイント

コラム

2ndoor(セカンドドア)これだけあればオンライン接客万全?機能・価格について

コラム

コールセンターが在宅(テレワーク)できない課題を解決する方法