在宅ワークで2nddoorは有効なのか?徹底解剖 - 2nddoor(セカンドドア) 在宅ワークで2nddoorは有効なのか?徹底解剖 - 2nddoor(セカンドドア)

2ndDoor セカンドドア
オンライン接客ツール

在宅ワークで2nddoorは有効なのか?徹底解剖

コラム

2nddoorのオンライン接客サービスは在宅ワークにも適しています。
専用デバイス不要、インストール不要なため、自宅のPCで使用可能なのが魅力です。
チームにも管理者にも必要なさまざまな充実した機能をご紹介します。

2ndDoorは、オンライン接客サービスの在宅ワークにも有効活用できます。

 

なぜ2ndDoorが在宅ワークに有効なのでしょうか。
理由は主に4つ挙げられます。

 
■ステータスが一目でわかるので、管理者側が楽
■インストール不要で自宅のPCからでも利用が可能
■「通話メモ機能」「TODOリスト」で報告・連絡・相談が楽
■在宅勤務でもチームで仕事が可能
 

一つずつ詳しく解説していきます。

 

管理者側の仕事が楽になる

 

2ndDoorでは、リアルタイムでメンバーのステータスがわかります。

 

メンバーのステータス例

  • 着信を待っている人
  • 現在話し中の人
  • 現在離席している人

 

管理者としては、メンバーの状況が一目瞭然なので、誰が次にどんな対応を行えるかを把握でき、
管理業務が楽になるでしょう。

 

専用デバイス不要、インストール不要のため自宅のPCでも可能

 

これまでのテレビ会議は、PCにインストールするシステムが主流でした。
そのため、在宅勤務の際にはPCを持ち帰る必要があり、デスクトップPCでは持ち帰れないのが問題です。

 

また、今までのサービスはインストール数で月額料金が決まります。
そのため、家と会社など複数のPCにインストールするのは莫大な料金がかかり、
現実的ではありませんでした。

 

2ndDoorはPCへのインストール不要で、
1社1社個別に設定された専用のログイン画面から受付が可能です。
ご自宅でもネット環境とカメラ付きのPCがあれば、誰でも簡単に受付業務を行える優れたシステムとなっています。

 

通話メモ機能、TODO機能

 

 

在宅勤務で大きな障害になるのが、報告連絡相談です。
障害になる理由は、それぞれ別々のツールを使っているからではないでしょうか。

 

それぞれのツール例

  • 報告は管理ツール
  • 連絡はチャットツール
  • 相談は電話

 

Zoomで受付を行うと、受付管理の上席にチャットがたくさん飛んできて仕事がパンクしてしまいます。
それを解決できるのが、メモ機能とTODOリストです。

 

メモ機能は、接客内容のメモはもちろん、メモを検索する機能まである優れた機能です。

お客様から頼まれごとをした場合に使えるのがTODOリストです。

 

TODOリストに入れておけばメンバー全員が確認できるので、
本社の管理者は誰が何をしなければいけないのかを把握できるようになっています。
また、TODOリストは、派遣スタッフも管理できます。

 

グループ通話、保留機能、グループチャット機能

 

 

2ndDoorには他にも便利な機能が豊富です。

 

2nddoorの便利機能

  • グループ通話
  • 保留機能
  • グループチャット機能

 

2ndDoorのグループ通話は、
テクニカルな質問でも専門の担当者を呼び出し可能なため、受付業務に集中できます。
グループ通話は自分では答えられない質問が来た場合に、
上司に助けてもらえたり、専門の担当を呼び出したりできる機能です。

 

在宅勤務でも、顧客対応のレベルを落とさず対応できます。
1次受付をアルバイトに任せて、質問内容に応じて各部署を呼び出すなどの使い方も可能です。

 

保留機能は、保留にするとカメラマイクのオフが一緒にできる機能になります。
お客様を待たせる時にワンクリックで済むので、保留の度に別のボタンを押す必要がありません。

グループチャット機能は、お客様には見えない下記のような内部でのチャット機能です。

 

チャット機能例

  • 席を外す連絡
  • 現在のお客様から再度連絡の申し送り
  • 退勤連絡
  • グループ通話の呼び出し確認

 

さまざまな場面で活用できる便利な機能となるでしょう。

 

「リモート相談窓口システムを導入したいけど何からすればいいのかわからない」
「面倒な設定ができない」という方もいらっしゃると思います。
こちらで具体的な流れをご紹介しておりますので、参考にしてください。

 

▶参考記事:2nddoorでリモート相談窓口開設までのフロー徹底紹介

 

普及しているリモート接客の今後と導入されている業界

 
2ndDoorは、オンライン接客サービスの在宅ワークにも有効活用できます。
リモート接客において今後どう変化していくのか不安に思う方もいらっしゃると思います。

こちらの記事で詳しく解説しておりますのであわせてご覧ください。

 

▶参考記事:普及しているリモート接客の今後と導入されている業界

 

2nddoorは在宅ワークでも有効活用できる

 

 

2ndDoorのオンライン接客システムは、
専用デバイス不要で、ソフトのインストールも不要なので自宅のPCをそのまま使えます。
通話メモ機能、派遣スタッフでも使えるTODO機能、グループ通話、保留機能、グループチャット機能など、
オンライン接客窓口に必要なすべての機能が揃っています。
お客様だけでなく、チームの一員として働く方や管理者にとっても非常に扱いやすいシステムです。

 

「在宅ワークでオンライン接客システムを導入したい」
「簡単な方法でリモート相談システムの機能を使いたい」
そんな企業様はぜひ2ndDoorへお問合せください。

 

オンライン接客ツール2ndDoorを詳しく見る

 

関連記事

コラム

オンライン接客のメリット・デメリットと向いている企業事例について解説

コラム

2ndDoorでリモート相談窓口開設までのフロー徹底紹介

コラム

オンライン接客ツール2nddoorが解決!予約通話と即時通話どちらがいい?