オンライン接客の予約通話と即時通話どちらがいいの? - 2nddoor(セカンドドア)2nddoor(セカンドドア) オンライン接客の予約通話と即時通話どちらがいいの? - 2nddoor(セカンドドア)

2ndDoor セカンドドア
オンライン接客ツール

オンライン接客の予約通話と即時通話どちらがいいの?

コラム

オンライン接客の予約通話と即時通話は一体どちらを使えば良いのでしょうか。 ケースバイケースで使用し、お客様や顧客の要望に沿えるツールです。 いまだに課題が多いオンライン接客も2nddoorを使って解決することができます。

近年、色んな企業も導入が増えているオンライン接客のビデオ通話ですが、予約通話と即時通話の2種類があります。
日時を設定しておいてその時間になったら通話をする予約通話と、即座に通話のできる即時通話があります。

 

状況にもよるのですが、一体どちらを選んだら良いのか分からない方も多いのではないでしょうか。
使ったことがない方や、使ってみたけどいまだにどちらを利用するのか迷ってしまう方などさまざまだと思います。

 

そんな方のために、詳しくご紹介していきます。

即時通話型が向いているサービス

まず、即時通話型が向いているのはどういったサービスの時なのでしょうか。
即時通話型におすすめなのは、すぐに問題を解決する必要性があるケースです。

 

例えば、ネットショッピングをしていて、商品に関してすぐに聞きたい場合が挙げられます。
商品の詳しい内容が分かるので、不安もなくなるのでその場ですぐ購入しやすくなるでしょう。

 

他にも、オンラインで接客後、購入までのサポートやフォローができるケースに向いています。
それでは詳しくご紹介します。

強み

ビデオ通話を使いながらオンライン上でお客様の接客をすると、購入のサポートを促す場合に即時通話型は向いているといえるでしょう。
例えば、購入したいけど質問があるお客様がいた場合、即時にその疑問に答えて対応すると、購入してもらえるきっかけになります。
購入意欲のあるうちに接客をするのが大事といえるでしょう。

 

金額の大きな買いものをする際や、ネットの情報だけでは不十分な場合もすぐに対応できて通話ができるのでお客様の不安も少なくなるでしょう。
即時通話型は、その場で問題解決するためにとても有意義に使用できるのです。

 

さらに、購入サポートやアドバイスができるのでお客様も安心して購入するのが可能です。

購入ページに通話ボタンをさりげなくバナーとして貼っておくと、気軽に通話ができます。

弱み

即時通話型の弱みは、その場で即通話をしなければならないケースです。
急に電話をするとなると、見知らぬ誰かと話をすることになるため抵抗がある方もいます。

 

例えば、自由気ままにネットショッピングをして、質問があっても気軽に聞ける方もいれば、そうでない方もいます。
さらに、その場で通話を進めていくため、どのような質問をすれば良いか事前に調べておけません。

 

気軽に聞ける反面、苦手な方もいるでしょう。

予約通話型が向いているサービス

次に、予約通話型が向いているサービスは一体どのようなサービスでしょうか。
予約通話型のように日時を前もって決めれば、事前にきちんと準備をするのが可能です。

 

さらに、日時を決定しておくので他の予定が入らない安心感があります。
何かの相談やカウンセリングはもちろん、ゆっくりと時間を使えるサービスが向いているといえるでしょう。

 

それでは具体的にご紹介します。

強み

予約通話型は、双方の時間をきちんと確保できているのが一番の重要な強みポイントです。
「時間がない」、「次の予定がある」など突発的な理由がないため、じっくりとお互いに向き合えます。

 

そのため、カウンセリングなど時間を要する内容も予約通話型であれば落ち着いて話ができるでしょう。
内容にもよりますが、予約してでも話を聞いて欲しい方や、顧客に対して大事な話がある場合も予約通話型が向いています。

 

さらに、事前に相談内容を決めておけるので、実際に通話する時に有意義な時間を過ごせるのも魅力です。
通常、予約通話型であればスタッフの確保も比較的確実なのも事実です。

弱み

反対に、予約通話型の弱みは日時が決まってしまうため急な日時の変更がなかなかできない点です。
体調不良やどうしても外せない用事があとから入る場合もありますし、仕事の変更によってその日時に通話できないケースも出てきます。
そのような場合は予約通話型の弱みと考えられます。

 

さらに、即時に通話をしたい時にできないのも予約通話型ならではの悩みにつながるでしょう。
他にも、日時が変更になった場合、アポイントの取り直しになります。通話が先延ばしになるため、その時間もロスしてしまいます。

 

時間が十分にある方や、ゆっくりと落ち着いた環境で話ができるので急いでない場合は予約通話型が向いているでしょう。

即時通話型と予約通話型はどちらが良いか

即時通話型と予約通話型と比べてみても、両方強みと弱みがあるのが分かります。
そのため、どちらがより優れていて良いのかを考えるのではなく、ケースバイケースで選ぶ方が得策といえるでしょう。

 

すぐに話の内容を決定しなければならないケースは即時通話型、時間をゆっくり取って話をしなければならないケースは予約通話型と考えておくと良いでしょう。

 

あとは、実際に通話をする方の性格やコミュニケーション次第で即時通話型と予約通話型を選ぶのも得策です。
ご自身で向いている方を選び、リラックスした状況で通話をする方が質問したい内容も相手に伝えることができるでしょう。

 

サービスの内容によっても即時通話型と予約通話型かは変わってきます。
対応する側が可能であれば、即時通話型と予約通話型の両方を準備して、お客様や顧客の要望によって臨機応変に対応するのをおすすめします。

▶参考記事:オンライン接客での盲点は「予約?」必要なのは「手軽さ?」

2nddoorは予約不要の即時相談窓口

オンライン接客ツールの2nddoorは、Webサイトにボタンを設置するだけでさまざまな接客が可能な即時通話型のツールになります。
URLのボタンを押すだけの「ワンクリック」で即通話ができるで、複雑な操作はありません。
そのため、初心者の方や機器が苦手な方でも気軽に利用できるサービスです。

 

アプリのインストールも必要ないので、煩わしい操作が必要ないのも魅力の一つです。
2nddoorのメニュー画面には、スタッフの空き状況がリアルタイムで自動表示される仕組みになっています。

 

お客様をお待たせしないよう、スタッフのログイン状況に応じて自動で振り分けをして対応遅れを防ぐことができるでしょう。
即時通話型の場合、サービスによって十分なスタッフの確保ができない場合も考えられるのですが、2nddoorであれば安心して利用できます。

 

他にも、ビデオ通話に出られない時に他のスタッフへ着信を移動させることが可能です。
通話中に別のオペレーターを呼び出して複数通話も可能なため、複数名と会話をしたい時にも役立ちます。

 

複数名で通話希望の場合も対応できるので、会議のようなイメージで通話できるのも魅力です。
お客様からの質問や情報をメモ機能で管理しオペレーター同士で共有ができ顧客管理機能も優れています。
オンライン接客ツールの導入を検討されている方はお気軽にご相談ください

2nddoorを詳しく見る

関連記事

コラム

コロナの影響によるテレワークの普及率はどれくらい

コラム

普及しているリモート接客の今後と導入されている業界

コラム

非対面(オンライン)接客とは?メリット、デメリットと自社に合ったサービスの選び方