2ndoor(セカンドドア)|【買取業界のオンライン接客】査定におけるオンライン化のメリットについて解説 - 2nddoor(セカンドドア) 2ndoor(セカンドドア)|【買取業界のオンライン接客】査定におけるオンライン化のメリットについて解説 - 2nddoor(セカンドドア)

2ndDoor セカンドドア
オンライン接客ツール

2ndoor(セカンドドア)|【買取業界のオンライン接客】査定におけるオンライン化のメリットについて解説

コラム

近年、リサイクルショップやリユースショップでの買取で、
オンライン接客ツールを導入する企業が増えています。

一昔前は買取の際に直接店舗に持っていくのが基本でした。

しかし、現在では店舗買取や出張買取、宅配買取に加え、
オンライン査定やLINE査定などの多種多様なやり方で顧客の負担を軽減している店舗が増えています。

今回の記事では、実際にオンライン接客を導入するメリットを紹介します。

 

買取・査定事業における課題や悩みとは?

 

成長を続けているリサイクル・リユース事業ですが、
既存の手法では多くの課題や悩みが存在するそうです。

 

査定と見積もりに時間がかかってしまう


 

リサイクル・リユース事業には、出張買取や店舗買取、宅配買取などの方法があり、
複数の形態でサービスを提供するリサイクル・リユース事業者が多いです。

これらの方法に共通するデメリットとして、
査定に時間と手間がかかってしまうということが挙げられます。

出張買取は名前の通りお客様のところに直接出向き、現物を確認して査定するやり方です。

 

リサイクル・リユースが大きな商品や商品の数が多い場合は、
お客様にとってメリットがあります。

しかし、事業者側にとっては遠方であれば、
時間や費用をかけられないため断る必要が出てくるでしょう。

店舗買取は、お客様が店舗まで足を運ばなければなりません。

 

お客様から出向いてもらえるので、店舗側からするとありがたいですが、
店舗から住まいが離れているお客様の場合、なかなか来店してもらえないです。

宅配買取の場合は、お客様が商品を発送する手間があります。

すぐに買い取って欲しい商品でも、商品を送る日数の時間はかかりますし、
大きな品や割れ物は発送自体が大変です。

高価な品であれば、発送を嫌がるお客様もいるでしょう。

 

メールやチャットでは買取品の詳細がわからないことも


 

どの手法で買取対応をするにしても、お客様が遠隔地にお住まいの場合は
まず電話やメール、チャットでの簡易的な査定のやり取りをすることが多くなるでしょう。

事業者側は受け取る品を見積もるために詳しい情報を知る必要がありますが、
電話の場合、現物を見ることができません。

そのため、見積もりできる商品に限りがあります。

 

メールやチャットであれば、写真を送信してもらえるため、
電話よりも見積もりしやすくなります。

しかし、査定するのに必要なポイントが写ってない場合は
さらにやりとりが必要になるため、より時間がかかるでしょう。

また、商品を実際に見てから買取金額が決まる場合、
チャットやメールでの写真で判定した際の金額と差異が生まれ、
買取できないや金額でトラブルになる場合があります。

 

このようなリスクを避けるために、訪問見積もりができない場合は、
受け付けられないという方針の事業者も見られます。

しかし、対応できるエリアを限定してしまうと、
それだけで事業拡大の妨げになってしまうでしょう。

 

オンライン査定のメリット

 

オンライン査定のメリットは大きく分けて2つあります。

 

  • ・店舗にお客様が来店する必要がないため、遠方のお客様の対応が可能
  • ・オンライン上で買取金額への同意を得られるため、クレーム防止に繋げられる

 

それぞれのメリットを理解すると、オンライン査定をより効率化することができます。

▶参考記事:オンライン接客とは?メリット・デメリットと業界事例から見る成功のポイント

 

商圏を広げれる


 

オンライン査定は従来のやり方では対応できなかった、遠方のお客様の問い合わせに対応できます。

そのため、同じ地域のお客様しか対応できない状態から、
遠方のお客様も対応できる状態になるので、商圏を広げることが可能になります。

リアル店舗を増やすとかかるコストを大幅に抑えられるのも嬉しいポイントです。

 

また、オンライン上での販売に力を入れている事業者は、
オンライン上の認知獲得が買取数の増加に繋がります。

そのため、オンラインの施策に力を入れたい場合は、
オンライン査定を活用するといいでしょう。

 

出張買取の効率化


 

ビデオ通話系のオンラインツールを使用することで、
現地からリアルタイムでお客様とやりとりが可能になります。

メッセージツールでの査定とは違い、その場で買取金額の提示や
交渉を行うことができるため、お客様からの信頼を得られやすいです。

 

移動時間の最適化


 

従来の出張買取とは異なり、オンライン上で
金額に了承を得た状態でのやり取りになるため、買取金額の交渉を最小限に抑えられます。

お客様からしても事前に金額が分かり、買取金額の交渉できるので、
精神的負担も少なく、かなり便利に感じられるでしょう。

また、従業員からしても出張したにも関わらず、
買取金額の交渉が難航して取引ができないという最悪のケースを避けることができます。

 

買取・査定業界のオンライン接客に役立つ2ndDoorについて

 

ワンクリックですぐオンラインでお客様対応が可能なオンライン接客ツール2ndDoorについて紹介します。

 

アプリインストール不要


 

専用のアプリのインストールが不要です。

そのため、導入するのが簡単です。

Webサイトにボタンを設置するだけですぐ開設できるので、
お客様の意欲を落とすことなく打ち合わせができます。

▶オンライン接客ツール2nddoorの機能一覧を詳しく見る

 

事例紹介


 

導入事例について紹介します。

実際に導入したらどのような結果になるのかを紹介しているので、
検討する際の判断材料にしてください。

 

オンライン買取、車の査定

2ndDoor導入前は、訪問買取や持ち込み買取が主な買取手法になっていたため、
日程調節ができないお客様を逃している可能性がありました。

2ndDoorを導入することで、お客様の携帯からオンラインで査定をし、
買取のハードルを下げ、買取件数の増加を狙います。

そして、買取できるかわからない商品に訪問するケースを無くし、
人件費、交通費の削減を狙います。

▶オンライン接客ツール2nddoorの導入事例を詳しく見る

 

オンライン販売サポート

2ndDoor導入前は、写真で紹介していることが多く、
結果商品を見に来る人が多く、遠方の顧客を逃している可能性がありました。

2ndDoorを導入することで、
遠方の顧客でも動画で商品のご案内が可能となり、商圏拡大を狙います。

ヤフーオークションなどで活用し、URLを張り問い合わせを動画で受け付ける予定です。

 

2ndDoorについて

 

買取業界でもオンライン接客を導入する企業は非常に増えてきています。

とくに、今まで時間や手間がかかってしまっていた、
査定を気軽に行えるのは双方にとって魅力的なメリットですよね。

作業の効率化や商圏の拡大を考えている方は、オンライン接客を導入してみましょう。

 

▶参考記事:2ndDoorでリモート相談窓口開設までのフロー徹底紹介

 

オンライン接客ツールの2ndDoorは、1ステップの簡単操作です。

オンライン接客がいろんな業界でも導入され始めている中、
買取業界でもニーズが高まってきています。

顧客目線を最優先に考え、顧客の使いにくさを最小限にすることで、
離脱を最小限に抑えることができます。

顧客と管理者が使いやすい機能を豊富に取り揃えております。

▶オンライン接客ツール2nddoorの価格を詳しく見る

 

▼オンライン接客ツールの導入を検討されている方は2ndDoorのページをご確認いただきお気軽にご相談ください。

 

関連記事

コラム

オンライン接客の導入から始め方の手順について解説

コラム

DX促進の課題と成功に導くためのツール2nddoorを紹介!

コラム

不動産業界でも活用されるオンライン接客について